シミ(しみ) ストレス

ストレスはシミと老化のもと!活性酸素の増えすぎに注意

 

ストレスを感じている女性の画像

 

ストレスは心身の健康に良くありませんが、シミや老化の原因にもなることを知っていますか?

 

ストレスを感じることは、肌荒れや女性ホルモンの乱れなどさまざまなトラブルを引き起こしますが、中でも特に活性酸素との関係性に注目してみました。

 

ストレスがシミを増やしてしまうメカニズムについて見ていきましょう。

 

シミと老化の原因となる活性酸素

 

活性酸素が老化の原因になるということは、現在よく知られるようになってきました。

 

活性酸素の働きで体の細胞が酸化することを「サビる」と表現したり、抗酸化作用のあるサプリメントやお茶が人気になったりしていますね。

 

活性酸素は、もともとはウイルスや細菌などから体を守るためのもので、適量なら健康維持に役立つ物質です。

 

しかし過剰に増えてしまうと、強い攻撃力が体の細胞にまでダメージを与えてしまいます。

 

美容面では、肌細胞の中にあるコラーゲンを破壊してしまったり、色素細胞のメラノサイトを刺激して、メラニン色素を生成させてしまいます。

 

コラーゲンが失われると肌が弾力を失い、ターンオーバーが乱れて肌細胞の生まれ変わりが阻害されるので、シワやシミが増えてしまいます。

 

メラニン色素はシミの元ですから、活性酸素はシミ予防の大敵なのです。

 

ストレスが活性酸素を増やす

 

シミや老化の原因となる活性酸素は、普通に呼吸しているだけでも少しずつ増えてしまうものですが、ストレスがさらに活性酸素を体内に増やしてしまいます。

 

ストレスを受けると、体はストレスに対抗しようとして、ストレスホルモンとも呼ばれる副腎皮質ホルモンを分泌しますが、その際に活性酸素も発生してしまいます。

 

このストレスに対抗して和らげるという効果はビタミンCにもあるのですが、ビタミンCがストレス緩和に回されて消費されると、体内にビタミンCが不足してしまいます。

 

ビタミンCは高い抗酸化作用を持った栄養素で、メラニン色素が生成されるのを抑えたり、黒色化したメラニン色素を還元する効果に優れていることから、シミ対策に最適な成分です。

 

美白サプリや美白化粧品に配合されているビタミンCも、ストレスを受けることでシミ対策の作用をする前に消費されてしまうことになります。

 

ストレスと活性酸素を減らしてシミを防ぐ

 

ストレスを減らすことができれば、それに越したことはありません。

 

しかし現実的に考えて、ストレスを感じる環境を変えることはなかなか難しいでしょう。

 

ですが、活性酸素を減らしていくことはできますから、まずは活性酸素を減らしていく工夫を生活に取り入れてみましょう。

 

例えば、

 

  • よく噛んで食事する
  • お酒やタバコはほどほどにする

 

ということでも、活性酸素を減らすことができます。

 

唾液には、活性酸素を撃退する酵素のペルオキシダーゼが含まれているので、食べ物をよく噛んで唾液をたくさん出すと、活性酸素を除去する効果があります。

 

よく噛んで食事をすると消化にも良いので、健康のためにも気をつけましょう。

 

アルコールは、肝臓で分解される時に活性酸素を生じさせるため、飲酒量が多いとその分多くの活性酸素が体内にできてしまいます。

 

タバコは、タバコ自体に活性酸素が含まれていますし、タバコから吸い込んだ物質は肺に入った後も多量の活性酸素を発生させます。

 

お酒やタバコが好きな人にとっては、完全にやめてしまうとかえってストレスになってしまいかねませんので、ほどほどに抑えられるように心がけましょう。

 

 

 

関連ページ

エステのシミ対策コースにはどんな効果があるの?
エステにはシミに効果のあるというコースがありますが、どのようなケアが受けられるのでしょうか。エステと医療機関でのシミ治療との効果の違いについても調べてみました。
シミ対策サプリに必ず入ってるビタミンCの効果って?
シミ改善効果があるサプリにはいろいろな製品がありますが、どのサプリにも必ずといっていいほどビタミンCが配合されています。ビタミンCはシミにどんな効果があるのでしょうか?
シミ・そばかすを防ぐためのセルフケア
年齢を重ねると気になるシミやそばかすは、なぜ増えてしまうのでしょうか?シミ・そばかすをセルフケアで予防することはできるのか、調べてみました。