シミ(しみ) そばかす

シミ・そばかすを防ぐためのセルフケア

 

そばかすに悩む女性のイラスト画像

 

加齢により増えるシミやしわ、そばかすなどはどうして増えてしまうのでしょうか?シミやしわ、そばかすの増えるメカニズムやケア方法など調べてみました。

 

30代で増えがちなシミとそばかす

 

一般的に、30代頃からシミ・そばかすが気になるようになってきたと感じる女性が多いようです。

 

シミは紫外線を浴び続けてきたダメージが蓄積して、それが加齢とともに表に現れてきたものです。

 

そばかすの場合は遺伝によって生まれつきのことが多いのですが、やはりシミと同じように、紫外線ダメージなどによってそばかすが濃くなってしまうこともあります。

 

肌細胞は新陳代謝によって生まれ変わりを繰り返しています。

 

その周期をターンオーバーと呼びますが、このターンオーバーは、加齢にともなって時間がかかるようになってきます。

 

ターンオーバーが早く巡っていると、古い角質が剥がれ落ちて新しい肌細胞が生まれるというサイクルが活発に行われるため、肌は常にみずみずしく健康な状態になっています。

 

紫外線によってダメージを受けると、肌を守るためにメラノサイトがメラニン色素を生成しますが、ターンオーバーが正常な肌はメラニンを古い角質と一緒に垢として速やかに排出できるため、シミやそばかすを作らせません。

 

それが、30代頃から代謝が落ち始めるとターンオーバーが遅くなるため、メラニン色素を含んだ古い角質をスムーズに排出できず、色素沈着させてしまうのです。

 

これがシミやそばかすが30代頃から増えてしまうメカニズムです。

 

シミ・そばかす対策のケア

 

そばかすは先天的な要因も多く、美白化粧品でセルフケアしても完全に除去するということは難しいかもしれません。

 

またシミでも、早く確実に改善したいなら皮膚科や美容クリニックで治療を受けるのが良いでしょう。

 

ですが、これ以上濃くなったり増えたりしないための予防はある程度できますし、シミやそばかすができにくい肌を作っていくのは、やはり自分の努力次第というところがあります。

 

シミ・そばかすを悪化させない対策としては、

 

  • 紫外線を防ぐ
  • 活性酸素を除去する
  • 肌のターンオーバーを正常にする

 

ということが重要です。

 

紫外線対策はシミ・そばかす予防の基本です。

 

季節やその日の天気を問わず、常に日焼け止めや日傘で紫外線ダメージを肌に受けないように気をつけましょう。

 

人間の体は酸化することで老化しますが、細胞を酸化させてしまうのが活性酸素という物質です。

 

活性酸素はストレスや、飲酒、喫煙、紫外線ダメージなどによって体内に発生するものです。

 

活性酸素を体内に増やしすぎないためには、規則正しく健康的な生活を心がけて、心身に余計なストレスをかけないこと、抗酸化作用のある食べ物やサプリメントを摂取することが有効です。

 

抗酸化作用の高い栄養素といえばビタミンCが有名で、シミ・そばかす対策のサプリメントにはだいたいビタミンCが含まれています。

 

ビタミンCは体内に取り入れるだけでなく、肌につけることでもシミ・そばかす対策になるので、美白化粧品にも必ずといっていいほどビタミンCの成分が配合されています。

 

ただ、ビタミンCは不安定な成分なので、美白化粧品に配合される場合は、ビタミンCを肌に浸透させやすく作ったビタミンC誘導体という形になっています。

 

肌のターンオーバーを正常にするためには、だんだんと衰えてくるコラーゲンの生成機能をサポートするべく、ビタミンCを摂取したり、肌にコラーゲン配合の化粧水をつけたりして、肌の水分量を保つことが第一です。

 

肌に適切な水分量があると、バリア機能が高まって外からの刺激やダメージを受けにくくなりますし、古い角質が剥がれやすくなってターンオーバーがスムーズに行われます。

 

 

 

関連ページ

エステのシミ対策コースにはどんな効果があるの?
エステにはシミに効果のあるというコースがありますが、どのようなケアが受けられるのでしょうか。エステと医療機関でのシミ治療との効果の違いについても調べてみました。
シミ対策サプリに必ず入ってるビタミンCの効果って?
シミ改善効果があるサプリにはいろいろな製品がありますが、どのサプリにも必ずといっていいほどビタミンCが配合されています。ビタミンCはシミにどんな効果があるのでしょうか?
ストレスはシミと老化のもと!活性酸素の増えすぎに注意
ストレスは健康に良くないだけでなく、シミの原因にもなります。ストレスがシミとどのような関係があるのか、調べてみました。