シミ(しみ) 肝斑(かんぱん)

そのシミ、もしかして肝斑(かんぱん)かも?30代からの美白ケア

 

肝斑に悩む女性のイラスト画像

 

20代後半からはシミの悩みも出てきますが、30代からは肝斑(かんぱん)にも気をつけていかなくてはいけません。

 

単なるシミとはちょっと違う、肝斑(かんぱん)について知っておきましょう。

 

普通のシミと肝斑(かんぱん)は何が違うの?

 

通常のシミは、長年紫外線を浴びたダメージの蓄積が加齢によって目に見えるシミとなって現れてきたものです。

 

一方肝斑は、外部からの刺激ではなく、女性ホルモンのバランスが崩れることで生じるシミです。

 

通常のシミと肝斑(かんぱん)では見た目も違っていて、通常のシミが部分的にポツポツと現われるのに対して、肝斑(かんぱん)は薄茶色で広範囲のシミが、目の周りなどに左右対称の形で現れます。

 

肝斑(かんぱん)は広範囲に生じる上に、境界がぼんやりしているので、顔全体のトーンが暗く見えてしまいます。

 

,h3>30代〜40代は肝斑(かんぱん)世代

 

肝斑(かんぱん)は30代から40代の女性が発症することが多く、それ以上の年代から発症することはほとんどありません。

 

また、40代までにできた肝斑(かんぱん)が、50代以降に薄くなっていくケースも多いようです。

 

これは肝斑(かんぱん)が女性ホルモンに関わりの深いシミだからで、30代〜40代は女性ホルモンの分泌が活発なため肝斑(かんぱん)を生じやすく、女性ホルモンのバランスが安定する閉経後には生じにくいのです。

 

妊娠や、経口避妊薬をすることで肝斑(かんぱん)ができてしまうこともあるようです。

 

女性ホルモンのバランスが崩れると、プラスミンという情報伝達物質が分泌されますが、このプラスミンが色素細胞のメラノサイトを刺激して、メラニン色素が生成されるのを促進してしまうことが肝斑(かんぱん)を生じる一因だと考えられています。

 

シミケアに肝斑(かんぱん)対策をプラス

 

できてしまった肝斑(かんぱん)は、通常のシミケアで取り除くのが難しいため、皮膚科や美容クリニックで治療をする人が多いです。

 

肝斑(かんぱん)の治療にはトラネキサム酸やL−システインなどの内服薬、ハイドロキノンやトレチノインといった外用薬が用いられます。

 

ただ、セルフケアが全く意味をなさないというわけではありませんし、肝斑(かんぱん)の治療を受けていたとしても、肝斑(かんぱん)以外のシミ対策は引き続き行っていかなくてはいけません。

 

それに、肝斑(かんぱん)ができないようにするためや、今以上に悪化させないためには、やはり日頃から心がけて自分でケアしていく必要があります。

 

肌に刺激を与えることが良くないのは通常のシミと変わりありませんので、洗顔やマッサージの時に強い力で摩擦したりしないように気をつけましょう。

 

食事やサプリメントでビタミンCを摂取したり、ビタミンC誘導体の配合されたシミ対策化粧品でスキンケアすることも有効です。

 

ビタミンCには高い抗酸化作用があり、肌細胞が酸化するのを防ぎます。

 

メラニン色素が生成されるのを抑制する効果もあるので、ビタミンCは通常のシミにも肝斑(かんぱん)にも効果が高い成分なんです。

 

女性ホルモンのバランスはストレスを受けることでも崩れますから、上手にストレスを発散することや、規則正しく健康的な生活スタイルを心がけることも肝斑(かんぱん)の予防になります。

 

自分のシミが肝斑(かんぱん)なのかそうでないのかの判断がつかなかったり、セルフケアでは限界を感じるという場合は、やはり医療機関に相談することをおすすめします。

 

 

 

関連ページ

エステのシミ対策コースにはどんな効果があるの?
エステにはシミに効果のあるというコースがありますが、どのようなケアが受けられるのでしょうか。エステと医療機関でのシミ治療との効果の違いについても調べてみました。
シミ対策サプリに必ず入ってるビタミンCの効果って?
シミ改善効果があるサプリにはいろいろな製品がありますが、どのサプリにも必ずといっていいほどビタミンCが配合されています。ビタミンCはシミにどんな効果があるのでしょうか?
ストレスはシミと老化のもと!活性酸素の増えすぎに注意
ストレスは健康に良くないだけでなく、シミの原因にもなります。ストレスがシミとどのような関係があるのか、調べてみました。
シミ・そばかすを防ぐためのセルフケア
年齢を重ねると気になるシミやそばかすは、なぜ増えてしまうのでしょうか?シミ・そばかすをセルフケアで予防することはできるのか、調べてみました。
鉄分不足がシミと老化を引き起こす!貧血改善でアンチエイジング
鉄分が不足すると、貧血だけではなくシミや老化も引き起こされます。鉄分を補ってシミの無い若々しい肌を取り戻しましょう。
ビタミンCがシミ予防やアンチエイジングに効果的な理由
昔から美容に良いと言われるビタミンCですが、シミ予防やアンチエイジングにも効果が高いようです。ビタミンCを補給するとシミの無い若々しい肌になれるというのは本当なのでしょうか?調べてみました。
プラセンタの効果でシミの無いツヤ肌になる!
プラセンタはシミの改善やアンチエイジングに効果があることで有名です。プラセンタの効果がどのようにシミに効くのか、調べてみました。