シミ(しみ) エステ 効果

エステのシミ対策コースにはどんな効果があるの?

 

フェイシャルエステを受ける女性の画像

 

エステには美白効果をうたったシミ対策コースがありますが、美容クリニックにかかるのとどちらが良いのでしょうか。

 

エステと美容クリニックでは受けられる施術や効果にはどんな違いがあるのか、見ていきましょう。

 

エステとシミ治療の違い

 

まず、エステサロンと美容クリニックなどの医療機関とでは、どのような違いがあるのでしょうか。

 

エステは、基本的に手技や機器を使ったマッサージや、パックなどの化粧品を用いたケアをしてくれるところです。

 

医療行為は行えないので、外科的な処置や薬剤の使用は一切できません。

 

一方美容クリニックは医療機関なので、レーザー治療や薬剤を使った治療ができ、究極的には手術を行うこともできます。

 

現在、気になるシミを消すならレーザー治療が一番効果が早いと言われています。

 

最近では光照射でシミ取りを行っているエステサロンもありますが、即効性ではやはりレーザー治療には敵わないでしょう。

 

ただ、美容クリニックでのシミ治療は自由診療の扱いなので、健康保険の適用外です。

 

そのため診療費は高額になりますし、レーザー治療がいくら即効性があるとはいえ、1度で治療が完結するわけではありませんから、費用の負担は大きくなってしまいます。

 

エステとクリニック、シミへの効果の違い

 

美容クリニックでのレーザー治療は、シミへの除去効果が高く、即効性があります。

 

しかし、色素に反応して効果を発揮するレーザーは、色の薄いシミや肝斑には効果がありません。

 

エステでは、できてしまったシミを除去する効果のある治療を受けることはできませんが、フェイシャルマッサージでターンオーバーを促進させたり、イオン導入で美容成分を肌に浸透させたりすることで、まだ表に現れていない潜在的なシミを減らしていきます。

 

レーザーや強い薬剤を使った治療に較べると時間はかかりますが、対処療法ではなく、根本からシミを予防したり、できにくい肌を作っていくという効果が期待できます。

 

また、レーザー治療の効果が出ない種類のシミの場合、美容クリニックでも結局は時間をかけて少しずつ治療していくことになるので、治療法やコストの面などから総合的に考えて、エステか美容クリニックのどちらにするか、継続しやすい方を選んだ方がよいでしょう。

 

エステは継続的なシミ予防効果がある

 

エステでは美白化粧品でのケアやマッサージ、機器を使用したイオン導入や光照射などの施術が受けられますが、シミを目立たなくさせるということだけでなく、肌をシミができにくい状態に導く効果があります。

 

シミの原因となるメラニンの色素沈着は、肌細胞の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進することである程度防ぐことができるからです。

 

今あるシミをレーザーや薬でピンポイントに治療しても、実は根本的な解決にはなりません。

 

エステで専門的な美白ケアを継続的に受けることで、将来シミができてしまう危険を減らしていくことができます。

 

現在はエステサロンによって独自の美白コースを用意しているところが多く、それぞれの施術法に特色があるので、施術の方向性や使用機器によって、自分に合うエステサロンを選べば、よりシミに効果の高いケアを受けることができるでしょう。

 

 

 

関連ページ

シミ対策サプリに必ず入ってるビタミンCの効果って?
シミ改善効果があるサプリにはいろいろな製品がありますが、どのサプリにも必ずといっていいほどビタミンCが配合されています。ビタミンCはシミにどんな効果があるのでしょうか?
ストレスはシミと老化のもと!活性酸素の増えすぎに注意
ストレスは健康に良くないだけでなく、シミの原因にもなります。ストレスがシミとどのような関係があるのか、調べてみました。
シミ・そばかすを防ぐためのセルフケア
年齢を重ねると気になるシミやそばかすは、なぜ増えてしまうのでしょうか?シミ・そばかすをセルフケアで予防することはできるのか、調べてみました。